calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

放射線被爆者に対するマニュアルin Singapore

0
      先日、シンガポールで福島原発事故に対応して、被爆者に対するマニュアルが配られました。

     

    第一段階は、「2011年3月11日以降に原発から20km以内を旅行し、頭痛、嘔気、嘔吐、下痢の症状を認める」です。

    この時点で、シンガポールにこんな人来ないだろうとも思うのですが、

    もし当てはまる人がいれば、病歴を聞いて診察を行い、血算・白血球分画、甲状腺機能、肝機能、腎機能を含んだ採血を行います。

     

    さらに、採血にてリンパ球減少を認める、明らかな血算の異常がある、診察上明らかな異常がある場合には、MOH(お役所)に連絡の上入院だそうです。

     

    それぞれの条件に当てはまらない場合も、どうするべきかフローチャートで示してあります。

     

    また、シンガポールではもうすでにヨウ化カリウム(安定ヨウ素)製剤を処方できる体制が整っている様です。

     

    日本の原発の事故の対応がシンガポールでこんなに速いなんて、ちょっとビックリです。

    日本の厚生労働省の対応はどうなんでしょうか?

    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック