calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

アーユルヴェーダ

0
    夏休みに日本に帰国した際に、アーユルヴェーダの本を仕入れてきました。
    最近になって読み始めたのですが、思っていたよりも面白いです。

    まず、ちょっと中医学にも似ているところがあると思います。
    中医学は、陰陽五行説がベースになってます。

    アーユルヴェーダでは、陰陽に当たるのが3つのドーシャというもののようです。
    3つのドーシャのバランスが大切らしいです。

    3つのドーシャはヴァーユ(ヴァータ)、ピッタ、カパと呼ばれていて、私はピッタとカパが優勢で、ヴァータが少ないみたいです。
    このように、アーユルヴェーダでは体質をみて、体質に合った治療をしていくみたいですね。

    さらに、五行にあたるのがマハーブータ。
    地・水・火・風・空の五つから成っている様です。

    このように、アーユルヴェーダと中医学は少し似たところがあるような気がします。
    きっと、同じものを違う見方で説明しようとしているんだろうなぁという気がしてきました。

    まだ全然アーユルヴェーダのことわかってませんが・・・

    そして、アーユルヴェーダの諺に「食物が適切でなければ、薬はいらない。食物が適切であれば薬は要らない。」というものがあるそうです。
    食べ物が適切でなければ、薬を飲んでも無駄だ。適切な食事を摂れば、病気は治ってしまうので薬は要らない。
    ということだと思われます。

    全くもって、納得です。

    かなり面白そうなので、シンガポールにいるうちに何冊かアーユルヴェーダの本を読んでみたいと思います。
    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック