calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

湯島食堂

0
    先日の学会休暇では、学会に出席の登録だけして(笑)、様々な人にお会いしてきました。

    東京では、シンガポールで知り合ったお料理の先生と湯島食堂でランチを食べました。

    湯島食堂は、野菜だけのビーガン料理のレストランらしく、ベジタリアンの方々には有名らしいです。
    国境なき料理団という活動の発祥の地らしいです。
    面白そうな香りがプンプン漂ってます。

    実は、私がシンガポールを出発する際に、空港でFacebookをしていて急遽決定した超成り行き企画だったのですが、ちょうどランチをどうするか検索中だったので、渡りに船で決行しました。
    こういうノリというか、勢いは大切ですよね。

    湯島天神で待ち合わせをして、お店に入りました。

    湯島食堂
    ちょっと隠れ家的な、ナイスな雰囲気を醸し出しています。

    湯島食堂〜中〜
    中に入るとこんな感じです。

    まず、
    エルダーフラワーのスカッシュ
    エルダーフラワーのスカッシュ(500円)を注文しました。
    エルダーフラワーは「にわとこ」という和名で免疫力を高める効果もあるのだとか・・・

    そして、ミラクルランチ(1800円)です。
    ミラクルランチ
    ちなみにランチタイムは、ミラクルランチと飲み物しかありません。

    左上から、
    「人参のソテーココナッツの香りと」
    人参とココナッツの取り合わせが面白い。

    「じゃがいもの煮物(醤油麹和え)」
    これは、絶品です。きっと子供も食べるだろうと思い、ウチでも醤油麹を仕込み中です。

    「かぼちゃとアーモンド」
    かぼちゃの煮物と、アーモンドと胡麻とお酢(タイのトウモロコシから作ったお酢だそうです。)のペースト添えです。
    ちょっと東南アジアな感じがいいです。

    そして、下に行って
    「玉ねぎのお味噌汁」
    これは、玉ねぎを蒸して甘みを出した後、お水と味噌を加えたものだそうです。ダシをとっていないにもかかわらず、美味しくておかわりしてしまいました。

    さらに、「プチトマト」「ご飯」
    ちょっと隠れてますが、「お漬け物」

    ちなみに、ご飯とお味噌汁はおかわり可でした。

    ランチで1800円はちょっと高いのですが・・・
    野菜だけなのにすごーく満足でした。
    料理って面白いですね。

    お店の雰囲気が良かったので、ついつい本まで買ってしまいました。

    家に帰っても実践できそうなシンプルなんだけどオシャレなレシピが100個ものってます。


    ***************************
    Down to Earth 食育セミナー
    チケットはブックマートセントラル店
    (MRTクラークキー駅直結セントラル2F)にて好評発売中!!

    日時:2012年10月21日(日)9:00〜12:00 開場14:00
    会場:シンガポール日本人会 ファンクションルーム
    費用:50ドル(GST込み)
    全席自由席、講演は日本語のみ、チケット前売のみ(当日券はありません)
    チケット取扱店:ブックマート・シンガポール・セントラル店(MRTクラークキー駅ビル)
    主催:H SEEDS          お問い合わせ&ご予約:hseeds@live.jp
    Facebook Page:
    http://www.facebook.com/hseeds.harumi
    ***************************
    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック