calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

「タネが危ない」を読んで

0
    今回は、タネが危ない を読みました。
    著者の野口勲さんは、種屋さんの三代目なのですが、手塚治虫の編集者をされたのち、タネ屋を継ぐ決心をされたそうです。

    どうせやるなら、「意味のあるタネ屋」をやりたいと固定種専門のタネ屋さんを始められました。

    では、固定種ってなんでしょうか?

    固定種というのは、各地で良い出来の作物からタネを取って何代も育てることで、その土地にあった性質が出るようになったものです。

    そして、現在主流になっているのが、F1種というものです。

    F1種は一代雑種と呼ばれる雑種です。
    例えば、「小松菜」は折れやすいので、茎の太いチンゲンサイと掛け合わせたF1小松菜がスーパーに並んでいたりするそうです。

    F1は、メンデルの遺伝の法則で、優勢の性質ばっかり出現するので、同じ時期に、同じような作物が実ります。
    つまり、個体差が少なく揃いがいいので、出荷するのに便利。
    さらに、雑種強勢が働き、生育が良くなる、などの利点があります。

    しかし、2代目からは様々な性質それぞれに1/4の確率で劣勢の性質が発現するため不揃いになるため、農家は毎年F1のタネを買わなければならなくなります。

    また、F1のタネを作る時には、自家受粉(自分の花粉で受精すること)しないようにするため、おしべを取ったり手間をかけて様々な工夫がなされてきたのですが、最近は雄性不捻という、ミトコンドリア異常で花粉を作ることができなくなった、突然変異の固体から作ることが多くなったそうです。

    つまり、私たちは自分で花粉を作れなくなった植物を食べている訳です。

    しかも、固定種の方が栄養があって美味しいことが多いらしいです。

    私は農業始めたら、固定種のタネを使って、毎年自分でタネをとっていこうと思います。

    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック