calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

ビタミン

0
    今日はビタミンについてです。
    ビタミンとは何でしょう?

    日本ビタミン学会のホームページには
    「正常な生理機能を営むために必要不可欠であるが、その必要量を体内で作れないので体外から取り入れなければならない化合物のうち、必要量が微量であるものの総称である。」
    と書かれています。

    ビタミンにもいろいろありますが、ビタミンはヒトには作れないけれども、他の生物(植物や微生物が多い)には作れるものばかりです。

    例えば、ヒトやチンパンジーやモルモットなどはビタミンC(アスコルビン酸)を作ることができませんが、他の多くの生物はアスコルビン酸を自分で合成することができます。

    つまり、アスコルビン酸を作れないヒトにとってはアスコルビン酸はビタミンです。しかし、自分で作れる他の多くの生物にとって、アスコルビン酸は体外から取り入れなくてもよいので、ビタミンではありません。

    おそらくヒトは、アスコルビン酸が豊富な食べものを食べていたので、アスコルビン酸を自分で合成する必要が無かったんだと思います。それで、アスコルビン酸を合成する代謝経路を捨てても生き残ることができた。そして、この代謝経路を捨てた時からヒトにとってアスコルビン酸はビタミンになったという訳です。

    このように、ビタミンと呼ばれる物質は、ヒトは自分で作れないけれども、他の生物の中には合成できる生物もいるという物質です。
    ヒトは他の生物が作ってくれたビタミンを直接的・間接的に食べることで取り入れてはじめて生きていくことができるのです。

    科学が発展して、ヒトは偉くなったような錯覚をしてしまいがちですが、ヒトも他の動物と支え合って生きていくようにできてるんですね。

    ***************************
    Down to Earth 食育セミナー
    チケットはブックマートセントラル店
    (MRTクラークキー駅直結セントラル2F)にて好評発売中!!

    日時:2012年10月21日(日)9:30〜12:30 開場 9:15
    会場:シンガポール日本人会 ファンクションルーム
    費用:50ドル(GST込み)
    全席自由席、講演は日本語のみ、チケット前売のみ(当日券はありません)
    チケット取扱店:ブックマート・シンガポール・セントラル店(MRTクラークキー駅ビル)
    主催:H SEEDS          お問い合わせ&ご予約:hseeds@live.jp
    Facebook Page:
    http://www.facebook.com/hseeds.harumi
    ***************************
    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック