calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

ミネラル

0
    ミネラルに関しては、勉強すればする程わからないことがたくさん出てきます。

    まず、ヒトに必要なミネラルが何種類あるのかすらはっきりわかりません。
    「ミネラルとはO(酸素)・C(炭素)・H(水素)・N(窒素)の4元素以外の構成元素」と書いてある本もあります。
    そして、自然界に安定して存在する元素は原子番号92番のウランまでと言われているので92種類あります。
    ということは、88種類の元素が必要な可能性を持っているということですね。
    全部が必要ということは無いでしょうけど・・・

    さらに、ミネラルがどのように循環しているのかもわからないことだらけです。ミネラルには金属元素が多いのですが、鉱石の形から私たちの体の中に入るまでにどのような経路を辿っているのかも、ほとんどわかっていません。

    しかし、この循環には様々な生物が関与しているのではないかと個人的には思っています。

    バイオミネラリゼーションという生物が鉱物を作る反応があります。例えば、ヒトが骨や歯を作ったり、サンゴの炭酸カルシウムや磁性細菌の微小磁石などいろいろあります。
    また、バイオリーチングという鉱物からミネラルを溶出させる技術もあります。チリの銅鉱山では実際に微生物を使って銅の採掘をしているようです。

    このように生物にはミネラルが絡んだ独自の代謝経路を持っているものがたくさんおり、様々な生物の活動がミネラルの循環に大きな役割を果たしているのではないかと想像しています。

    でも、循環経路がきちんとわかっているものはあまりない。
    だからこそ、農薬などで畑の生物を根絶やしにすることは、ミネラルの循環を滞らせるという意味でも、愚かな行為なのではないかと思います。

    皆さんはどう思われますか?

    ***************************
    Down to Earth 食育セミナー
    チケットはブックマートセントラル店
    (MRTクラークキー駅直結セントラル2F)にて好評発売中!!

    日時:2012年10月21日(日)9:30〜12:30 開場 9:15
    会場:シンガポール日本人会 ファンクションルーム
    費用:50ドル(GST込み)
    全席自由席、講演は日本語のみ、チケット前売のみ(当日券はありません)
    チケット取扱店:ブックマート・シンガポール・セントラル店(MRTクラークキー駅ビル)
    主催:H SEEDS          お問い合わせ&ご予約:hseeds@live.jp
    Facebook Page:
    http://www.facebook.com/hseeds.harumi
    ***************************

    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック