calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

山伏

0
    鶴岡には、出羽三山(羽黒山、湯殿山、月山)があり、山伏がたくさんいらっしゃいます。
    私は「よみがえりのレシピ」の監督が「緑の山伏」というイベントにパネラーとして出演されていた御縁で、このイベントに参加させて頂きました。

    さらにイベント終了後に2次会まで参加させていただきました。
    ここでは、山伏や山伏に興味を持っていらっしゃる方と一緒にお話することができました。

    山伏というと、法螺貝を吹いたり、滝に打たれたり、といったイメージしかなかったのですが、とても興味深いのです。

    山伏は山の中で、自然に畏敬の念を持ち、いかに自然に関わるのか、いかに自然の中で生きるのかについて極めることで、生きるということを見つめ直している人達のような気がします。

    前回の記事でも書きましたが、人間は自然の循環・流れの中で生きています。
    要するに、自然に支えてもらわないと生きてはいけない訳ですが、自然は常に人間に優しく接してくれる訳ではありません。

    もし、私たちが自然の支えを受けられなくなってしまう様な生き方をしてしまっていることが、様々な問題の原因だとするならば、山伏はその問題を解決するための生き方の手本を示してくれている大切な存在のような気がするのです。

    山伏は鶴岡の人達の心の拠りどころというかベースになっていて、若い方々もたくさん山伏になっていました。
    そして、こういう拠りどころがあるからこそ、多くの在来野菜が受け継がれ、「よみがえりのレシピ」が誕生したのではないかと思いました。

    能登にとって、山伏にあたるものってなんなんだろう?
    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック