calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

在来作物

0
    先日、映画「よみがえりのレシピ」を家族みんなで見てきました。
    この映画は、山形の在来作物についてのドキュメンタリー映画でした。

    在来作物とは、栽培者自信が種を取り、何代にもわたって受け継がれてきた、その地域に合った作物です。

    「そんなの当たり前なんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、今では農家の方が自分で種を取ることは稀になってしまいました。
    F1種という雑種がほとんどで、農家は毎年種苗屋さんから種や苗を買うのが普通になっているのです。

    なぜ、F1種が多くなっているかというと、F1種は雑種強勢が働いて生命力が強くなること、さらに遺伝的に優勢の特徴が出るため、形も揃い、収穫の時期も揃い、農家や流通の方々が管理しやすいのです。

    しかし、この雑種は管理しやすいように作り出されたものです。
    身体にいいとか美味しくするというような食べる人の立場で生まれたものではありません。

    また、大きな種苗業者が種をコントロールできる状況が生まれてしまうことも問題です。

    そんな訳で、昔から受け継がれてきた在来作物が注目を集めている訳です。

    石川県にも在来作物が沢山あります。
    能登には、中島菜や沢野ごぼうや金糸瓜など、面白い野菜がたくさんあります。
    http://www.is-ja.jp/wakaba/notu/

    金沢にも、京野菜に次ぐブランドになっている加賀野菜があります。
    http://www.kanazawa-kagayasai.com/

    きっと、日本全国に素敵な在来作物が沢山あると思います。
    皆様の地元に在来作物があったら、是非教えてください。
    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック