calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

畑できました。

0
    1アールぐらいの小さな畑ですが、開墾しました。

    はじめはこんな感じ。
    畑予定地
    けっこう草ぼうぼうです。

    狭いところなので、最初はなるべく機械を使わずにやろう!!
    と、決めました。

    まずは鎌で草を刈りました。
    草刈り後

    鎌ってすごいですね。
    鎌だけで意外ときれいになるもんです。

    荒起こし
    それから、荒くおこしていきます。
    荒くおこすときには、鍬よりも先の尖ったスコップの方がやりやすいことがわかりました。

    ほぼ、鎌とスコップのみで、作業ができてしまいました。

    全部自分でやると、筋肉痛もひどいし、大変です。
    でも、手間かけた分、その土地の特徴が実感できます。

    ここは、まず30cm以上の柔らかくて黒っぽい腐植土があって、その下に黄土色の粘土っぽい層があります。その下はまだほじくってないのでよくわかりませんが、腐植土の層も水を含むとかなり粘っこくなり、保水性は良いものの、あまり水はけはよくなさそうです。

    ということは、畝はちょっと高めにしておいた方がいいってことかなぁ。

    とりあえず、子供がトマト育てたいと言っていたので、苗を買ってきてちょっとだけ植えてみました。乾燥を好むらしいトマトができれば、他の作物も畝を高くすることである程度対応できるかなぁ。

    木村方式(苗の葉っぱを上の方だけ残して全部切り、苗を横にして茎に土をかけ、葉っぱのところに固い土で枕を作ってちょっと上向きにしてあげる)で横植えにしてみたのですが、2日目にしてしっかり立ってます!!
    トマト
    けなげなトマトがいとおしくなってきます。

    トマトは肥料使って苗を育ててそうなので、自然栽培とは言えないけど、これから人参やタマネギ、大根などを自然栽培で育ててみたいなぁと企んでます。

    この土地、全部で1000坪くらいあるらしいのですが、後ろは檜が生えてい日当りが悪い。
    何本か木を切れば、日当りのいい畑がもっとできるんだけど、やっちゃおうかなぁ。
    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック