calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

「土とは何だろうか?」

0
    今「土とは何だろうか? (学術選書)」という本を読んでいます。

    畑をするときには、土の化学性(きちんと養分を含んでいること)も大切ですが、物理性も大切だということがわかりました。

    物理性というと難しいのですが、土の色や手触り、土の粒子の大きさとそれに伴う土の粘り気・耕しやすさ・水持ち・水はけなどのことを言うらしいです。

    植物がうまく育つためには、土に通気性(水はけの良さ)と保水性という二つの相反する機能を持っていなくてはなりません。
    そのためには、土が団粒構造という土の粒子がお団子のように集まった構造をとることが必要みたいです。

    団粒構造ができるためには、有機物や多様な土壌生物たちの働きが必要らしい。

    ということは、農薬を使って土壌生物を殺してしまうことは、土の団粒構造を保てなくしてしまうことに他なりません。

    さらに、ミネラルを土壌中に保つためには、土の粒子がマイナス荷電を持つことが重要になるらしいです。
    金属イオンの多くはプラスの電荷を持っているのでこれはわかります。

    粘土鉱物自体にもマイナス荷電はあるようなのですが、有機物もマイナス荷電の担い手になっています。
    動物や植物の遺体が腐食化すると、様々な有機酸ができて、マイナス荷電を持つようになるそうです。

    私は、畑を作るときに大量の草を刈っているのですが、この草も有機物です。
    きちんと畑に返してあげないといけないと思うのですが、このまま返していいものか・・・
    ちゃんと腐食化させてから返してあげた方がいいのかなぁと思っているのですが、どうするのが一番いいんだろう?

    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック