calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

一切皆苦

0
    降りてゆく生き方〜健康塾〜に参加してきました。
    内容も面白くて、参加して本当に良かったと思います。

    健康塾が終わった後、講師の先生方とお話する時間をいただきました。

    その会話の中で「ホメオスタシス」(生体恒常性)の話題になりました。
    その際に「ホメオスタシスは自然の流れに逆らうことですよね。お釈迦様はそこを見抜いていらっしゃっていて、だからこそ生きることは苦しみだとおっしゃったのではないか?一切皆苦とはそういうことなのではないか?」という意味のことを講師の先生が言われたのを聞いて、妙に納得しました。

    自然界にはエントロピー増大の法則があり、私たちの体は壊れる方向に向かうのが自然な流れなのです。

    私たちが生きるためには、この流れに逆らって、体を保たなければなりません。
    そのために、私たちはわざと体を壊したり、再構築をしながら体を保とうと常にがんばっているのです。

    そう考えると、なぜ食べなければならないのかが見えてきます。

    体を再構築するためには、材料とエネルギーが必要です。
    私たちはこの材料とエネルギーを得るために食べなければならないのです。

    と、いろいろ妄想をしながら、改めて「降りてゆく生き方」の奥深さ、お釈迦様のすごさを再認識しました。
    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック