calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

木村さんのリンゴ畑と腸内細菌

0
    降りてゆく生き方〜健康塾〜では、「奇跡のリンゴ」のモデルとなった木村秋則さんのリンゴ畑の写真をたくさん見ることができました。

    木村さんのリンゴ畑は、普通のリンゴ畑とは違い、下草(雑草)がたくさん生えています。

    下草はその場所ごとに適したものが生えてくるそうです。
    例えば、人がたくさん通って土が固くなったところには、オオバコが生えてくるそうです。
    そして、オオバコは根がまっすぐ深く入り、土を柔らかくしてくれるそうです。
    土が柔らかくなると、徐々にオオバコよりも柔らかい土に適した草が生えてくるのだと思います。

    確かにうちの畑のまわりでも、日当りの良いところにはススキが茂っていますし、ちょっと日当りの悪いところにはふきが生えています。
    さらに、水はけの悪いところにはうわばみ草が生えていたりして、それぞれその場所に適したものがちゃんと生えています。

    私は「下草の生え方と腸内細菌叢って似ているんじゃないか?」と思いました。

    私たちの腸の中には、数百種類、百兆以上の腸内細菌が住み着いています。
    それぞれの細菌が腸の中で、下草と同じように生存競争を繰り広げています。
    結果として、最もその場所の環境に適した細菌が生き残って根付いていくはずです。

    腸内細菌も腸内環境が変われば、変化していくと思います。

    人の体で実験する訳にはいかないけど、畑で下草実験ならできるはず。
    畑の草から、腸内細菌について間接的に学ぶことができるかもしれません。
    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック