calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

口の重要性

0
    先日参加させていただいた熊本県菊池市での命の入り口セミナーでは、食べ物の入り口である口の重要性を再認識させられました。

    実は私はシンガポールに行く前、大学病院で勤務していた時には、ひどい歯肉炎でした。
    食事するだけでも歯茎から出血していましたし、口臭もあったと思います。
    歯の根元に膿みが溜まり、5本も歯を抜いて、ブリッジを入れてあります。

    歯を抜く際には、「ブリッジを入れても、歯茎の状態があまりにも悪いので、40歳までに総入れ歯になる可能性が高いです。」と言われていました。

    でも、今41歳になりましたが、ブリッジは健在です。
    歯を磨いても出血しなくなりました。
    まだ、歯周ポケットはやや深めで、完全に歯周病が治まっている訳ではないと思いますが、以前に比べるとかなり良くなりました。

    原因は、仕事のストレスが軽減されたことと、食事が変わったこと、鼻呼吸をするように意識し始めたことなどなのではないかと思っています。

    命の入り口セミナーには、たくさんの歯科医師の先生が参加されていました。
    どうも「食」や生活習慣の改善による病気の予防に関しては、医師よりも歯科医師の先生の方が高い意識を持っていらっしゃる先生が多いような気がしています。

    私が最も影響を受けた本の一つである食生活と身体の退化―先住民の伝統食と近代食その身体への驚くべき影響 という本を書かれた、W.A.Price先生も歯科医です。

    これからは、こういう意識の高い歯科医の先生との、協力・連携が欠かせなくなってくると思います。
    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック