calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

梁瀬義亮記念資料室訪問

0
    先週の金曜日に奈良県五條市にある「梁瀬義亮記念資料室」にお邪魔してきました。

    開館日が水曜日と金曜日しかなく、僕が行けるとしたら金曜日しかない・・・
    という訳で、金曜日の朝5時に能登を出発し、5時間半かけて車で五條まで行ってきました。
    10時半頃に到着したのですが、資料室には梁瀬先生の記事など資料がたくさんおいてあります。
    読める資料を片っ端から読ませていただき、特に興味を持った資料をコピーさせていただき、さらにビデオの資料も見せていただきました。そして、向かいの売店で梁瀬先生の著作を購入すると、3時をまわっておりました。

    梁瀬義亮記念資料室

    梁瀬義亮先生は、昭和34年に農薬パラチオン(ホリドール)の慢性毒性の症状に気付かれ、診療・啓蒙活動をされました。
    それだけではなく、農薬を使う農法の愚かさに気付かれ、自ら有機農法の研究を行なわれ、慈光会という、農薬の害に苦しむ患者さんの健康を取り戻すための購買会のようなものを設立され、皆の健康を守るためにご尽力されました。

    帰ってきてから著作を読ませていただいたのですが、私がおぼろげにやりたいと思っていたことを、何十年も前にはっきり認識され、実行され、実現されていらっしゃる・・・
    やはり、偉大な先達はいらっしゃるものですね。

    もっと早く先生のことを知っていれば・・・と、悔やまれるところです。
    でも、今回強行軍で奈良まで行って良かったです。

    これから、梁瀬先生に恥ずかしくないように頑張りたいと思います。
    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック