calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

手作り酵素

0
    七尾に地域おこし協力隊として移住されてきた方が「手作り酵素」を仕込むというので、ご一緒させていただきました。

    酵素については、エドワード・ハウエルの「キラーフード」という本を読んだことがあります。
    この本を読んだ時にはちょっと怪しいなぁと思っておりました。
    潜在酵素(生物の一生に使われる酵素の量には上限がある。)という概念も、なんとなく分かるような気もしますが、本当かどうかはわかりません。

    「酵素には代謝酵素と消化酵素と食物酵素があり、食物酵素がたくさん含まれるものを食べることで、消化酵素の消費を抑えることができるので、その分代謝酵素が増えて健康になる。」という話も、代謝酵素と消化酵素の総量が決まっているかどうかはわかりません。

    新谷弘実先生の「ミラクルエンザイム」というのも似ています。
    ミラクルエンザイムという全ての酵素の元となる物質が身体の中にためられている。とか、酵素を作っているアミノ酸には記憶があり、分解され吸収した後体内でまた同じ酵素になる。とか言われると、かなり怪しいです。

    酵素についてはちょっと怪しいと思っているのですが、「手作り酵素」は様々な材料を仕込んで発酵させていますので、様々な栄養素を含んだ発酵食品として優れたものだと思います。

    仕込み方は、人参・かぼちゃ・リンゴ・ぶどう・なし・柿・いちじく・ゆず・かりん・雑穀・唐辛子などなど沢山の種類の野菜や果物を1kgずつ計って細かく切り、1kgの砂糖と合わせて10層作り、最後に砂糖でふたをして、発酵剤を振りかけて仕込み終了です。
    手作り酵素
    この後は1日に2回程手でかき回すそうです。

    大量の砂糖で仕込むのにちょっとびっくりしましたが、微生物たちがこの砂糖を使って様々な栄養素を作ってくれるように上手く発酵させたら大丈夫なのかなぁ。
    どんなものができるのか楽しみです。
     
    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック