calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

アーユルヴェーダ合宿

0
    7月25日〜27日は河口湖でアーユルヴェーダの合宿に行ってきました。
    入り口
    こんな気持ちの良いところで2泊3日の合宿です。

    着いたら早速実習。
    まずはガンドゥーシャです。
    ガンドゥーシャはうがい剤を口に含むことで口の健康を保つ方法です。今回はごま油を含みます。
    男性陣は100mlを含みましたが、私は口が大きいらしく100mlでもまだまだ余裕がありました。
    口に含んだまま5分・・・。終了後は口をお湯ですすぎます。
    ごま油なんか含んだら口の中がベタベタになるんじゃないかと思われるでしょうが、さっぱりして気持ち良いです。

    次にアビヤンガ。
    オイルマッサージです。頭・耳・足をごま油を使ってマッサージしました。
    これも、とっても気持ち良いです。

    続いて調理実習です。
    初日はギーの精製をして、ダールスープを作りました。
    ギーは無塩バターを精製して作ります。
    ギー精製中ギー完成
    無塩バターを透明になるまで熱して、漉します。
    これでギーは完成!!
    ギーを作った後の鍋には美味しい残渣が残っています。これを利用してダールスープを作ります。
    チャナダールとクミンやマスタードシードやターメリックなどのスパイスでスープを作りました。
    夕食1
    私たちが実習してる間に、先生たちはコフタ・ビーツカレーなど作ってくれていて、自分たちで作ったダールスープも合わせて夕食です。
    アーユルヴェーダでは「食事の第一の目的は、満足感を得ること」です。
    ですので、食事中はしゃべらず、五感で食事を感じながらゆっくりよく噛んで食べます。
    普段いかに食べ物の味を充分感じることなく食べてしまっているのかを実感できました。

    食後はみんなでお散歩がてら星を見に行き、入浴後、おしゃべりをして、22:30には消灯です。

    こんな生活を2泊3日で体験できました。が、1週間くらい続けるときっと体の疲れが抜けて良いだろうなぁと思いました。
    将来は、こんな生活ができるようなところを今田んぼをやっているところでできたらいいなぁ。
    また、妄想が広がっていきます・・・
    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック