calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

かぶらずし作り

0
    15日の火曜日に能登島Sans Souciさんでかぶらずしの本漬けをしました。
    私は畑で人参とゆずを収穫してから向かったのですが、思いっきり遅刻をしてしまいました。
    私がカブや人参やゆずを持っていかないと始まらないのに・・・参加してくださった皆様すみません。
    マリオさんの生演奏をBGMに作業開始です。
    かぶ
    まずは塩漬けにしたカブに魚を挟む切れ目を入れます。

    次に人参を千切りにします。
    人参
    人参ちょっと収穫しすぎたかも・・・
    さらにゆずの皮も細切りにします。
    ゆず

    唐辛子の種を抜いて切ります。
    そして、メインのお魚をスライスしていきます。
    さば
    これは美味しそう!!
    コソッとつまみ食いしてみましたが、美味しい!
    これで下準備が終了です。
    各自用意した桶に、甘酒を入れて、カブに魚と人参と甘酒とお好みでゆずと唐辛子を挟んで、桶に並べていきます。
    そして一段並べたら人参・ゆず・唐辛子を散らし、甘酒を敷いていきます。

    かぶらずし
    そして、重石をして10日〜2週間発酵させます。
    金沢青カブは硬いので一般的なかぶらずしよりも熟成に時間がかかります。
    これからゆっくりゆっくり発酵して、甘酒の甘みと乳酸菌の酸味が調和するころに、年末年始を迎えます。
    お正月にこのかぶらずしをつまみに日本酒を飲みたいと思います。
    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック