calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

Ayurvedaの宿題

0
    今週末は久しぶりにAyurvedaの授業があります。
    「食材と食品の効能効果」の授業で、みんなで考えたPittaを抑えるメニューを実際作ってみるという宿題が出てたのを、ギリギリになって思い出しました。(汗)

    そこで、今さらながらお料理開始です。
    メニューは、豆乳鍋、柿のサラダ、はちみつきな粉もちです。

    まずは豆乳鍋です。
    具は、鶏肉とエビ、白菜、もやし、にんじんです。
    鶏肉
    鍋具材
    豆乳に味噌とターメリック・カルダモン・岩塩で味を整えて、具を投入!!
    アーユルヴェーダでは塩味はPittaを増やすのですが、岩塩はPittaを増悪させないそうです。
    しかし・・・この岩塩が失敗の元でした。
    豆乳鍋
    なんと豆乳が固まってきました。
    岩塩の表示を見てみると・・・マグネシウムが結構入ってます。
    これじゃ、にがり入れたのと変わりません・・・
    おぼろ豆腐みたいな豆乳鍋になってしまいました。
    味は美味しいんだけど、食感が悪い。残念。

    副菜は柿のサラダですが、遅くなって生の柿がないので、干し柿でやってみました。
    ころ柿カルパッチョ
    干し柿にチーズを挟んで、刻んだ春菊をのせ、オリーブオイルと岩塩・コショウ・ライム果汁で作ったドレッシングをかけて出来上がり。これは意外に美味しい。
    干し柿とチーズも合うし、春菊の香りがいいアクセントになって美味しいです。

    最後のデザートははちみつきな粉もちです。
    はちみつきな粉もち
    これは簡単。
    もちを焼いて、冷めたらスペシャルはちみつをのせてきな粉をかけるだけ。
    (Ayurvedaでははちみつを熱すると毒になると言われてます。)
    これも問題なく美味しいです。
    今回は豆乳鍋が残念でしたが、こんな風に色々考えながら料理をするのは意外と楽しいですね。
    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック