calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

アニマルウェルフェア

0
    アーユルヴェーダスクールの授業のため東京に入りました。
    今回は前日入りして、なかほら牧場主催の講演会に出席してきました。
    テーマは「アニマルウェルフェアの近未来」です。

    アニマルウェルフェアの前になかほら牧場についてご存知ない方もいらっしゃると思いますので、紹介したいと思います。
    なかほら牧場は山地(やまち)酪農という自然循環型の酪農を営んでいる牧場です。
    ここの牛乳はチョット高めですが、とっても美味しいです。しかも、冷蔵庫に入れて2週間ぐらい経つと熟成して甘みが増し美味しくなります。是非一度試してみてください。
    アニマルウェルフェアというのは、日本語では家畜福祉と訳されているそうです。
    〜家畜は単なる農産「物」ではない。感受性のある生命存在(Sentient Being)である。〜
    1997年のアムステルダム条約(EUの新憲法)の議定書にこう明文化されたそうです。
    この議定書が現在の家畜福祉政策の基礎理念となって、EUの畜産革命と言えるほどの政策転換が起こっているそうです。
    例えば、採卵鶏のバタリーゲージの廃止や雌豚のストール飼育の廃止などの法規制ができているそうです。

    恥ずかしながら、私は今日までアニマルウェルフェアという言葉を知りませんでしたが、
    〜家畜は単なる農産「物」ではない。感受性のある生命存在(Sentient Being)である〜の「家畜」のところを植物に置き換えると、そのまま自然栽培の基本理念にもなりそうな言葉です。

    私はこういう概念は東洋の哲学に合っていて、西洋の哲学にはそぐわないのではないかと勝手に思っていたので、今日お話しを聞いて「ヨーロッパからアニマルウェルフェアの概念が出てきて、EUが一番進んでいる」と聞いて驚きました。
    そして、日本の畜産業界はまだまだアニマルウェルフェアの取り組みが遅れているとのこと。
    日本の畜産業界もアニマルウェルフェアの概念に基づいて、変わっていってほしいなぁと思いました。

    日本人はもともと人間は自然の一部という哲学を持っていたと思います。
    それを思い出せれば、きっとアニマルウェルフェアにつながるはずです。

    今日はいいお話が聞けました。講演会に出席して良かった〜
    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック