calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

ムング豆

0

    ムング豆は日本では緑豆と呼ばれていて、春雨の原料になったり、もやしの種として使われていたりします。

    日本では17世紀に栽培記録があるそうですが、ほとんど栽培されていません。
    インド原産らしいので、熱いところの方がお好みなのか?はたまた雨が多いとダメなのか・・・
    とにかく日本の気候条件に合わないんだろうと思います。
    しかし、緑豆はアーユルヴェーダでも有益な食べものとされています。
    なんとか栽培してみたい・・・
    「自然栽培の里@のと」は別に採算を合わせる必要もないので、こういうチャレンジはウチがやらなければ誰もやらないだろう!!
    それに、何年か種を採り継いでいくことで、環境に適応してくれるかもしれないし・・・
    でも、そんなタイミングで「自然栽培」という雑誌で、韓国で緑豆を栽培している方がいることを知りました。
    また、「べにや長谷川商店」のFBで瀬戸内海の飛鳥というところで緑豆が栽培されているということを知りました。
    韓国や瀬戸内で栽培できるんだったら、能登でも頑張ればなんとかなるんじゃないのか?
    というわけで、中国の内モンゴル産の緑豆をオーダーしてみました。ここの緑豆なら寒くても大丈夫なんじゃないかと思って。
    でも雨には弱そうな気がするなぁ。
    で、まずはポットで苗づくりです。
    ここまではいけるんだよなぁ。
    そして、現在・・・
    今のところまずまず順調なのですが・・・
    これからどんな困難が待ち受けているのか? はたまた意外とすんなりうまくいってしまうのか?
    ドキドキしながら栽培中です。
    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック