calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

病因による栄養療法の位置づけ

0
     

    人はなぜ病気になるのでしょうか?

     

    病気の原因を考えてみると・・・

    遺伝的要素や体質、食事・運動・休養などの生活習慣の乱れ、ストレスなどによるバランスの乱れ、有害物質、病原微生物(感染症)、外傷などが考えられます。

     

    西洋医学は外傷や感染症、急性期の治療は得意ですが、生活習慣病や遺伝子疾患を完治させることはなかなかできませんし、慢性的な疾患の治療はまだまだ満足できるものではありません。

     

    栄養療法は生活習慣を正し、体内の代謝を正常化したり、うまくコントロールすることによって、西洋医学が苦手な分野の治療に有効である可能性があると思います。

     

    現代は食事が急激に変化してきており、それに伴って生活習慣病や原因のよくわかっていない疾患が増加しています。こういった疾患はたいてい西洋医学ではうまく治療できないことが多いと思います。

    食事の急激な変化に応じた、栄養療法も取り入れることが理にかなっているのではないかと思います。

     

    栄養素は体の材料にもなる訳ですから、免疫や遺伝子の働きにも関係しており、幅広い分野で効果がみられる可能性があります。

     

    このように、栄養療法と西洋医学は得意とする疾患が少し違うのではないかと思いますし、これからは栄養による治療もうまく組み合わせて治療を進めていくべきなのではないかと思います。

    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック