calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

果糖

0
    以前Agave Nectarのところで果糖が出てきたので、今回は果糖について考えてみたいと思います。

     

    果糖(フルクトース)は、蜂蜜や果物などの甘み成分のひとつです。

    ちなみに砂糖(スクロース)はブドウ糖と果糖が一個ずつくっついてできています。

     

    私たちの体ではブドウ糖(グルコース)を中心に使っています。

    ですので、血糖値といえば血中グルコース濃度のことです。

    血中フルクトース濃度は病院で測ることはまずありません。

     

    では、果糖がどのように体で使われるかについて見ていきましょう。

     

    まず、吸収についてです。

    小腸に来たフルクトースは、促通拡散輸送にて小腸の細胞内に取り込まれます。

    ちなみに、ブドウ糖の吸収には能動輸送されます。

    難しくなりましたが、要するにブドウ糖はポンプで吸い上げられるが、果糖は濃度勾配に従って拡散してくるままというわけなので、ブドウ糖よりも果糖のほうが吸収は遅いということになりそうです。

     

    そして、吸収された果糖は門脈を通って肝臓に達し、ほとんどが肝臓の細胞に取り込まれて代謝を受けます。

     

    果糖はブドウ糖に比べて糖化反応(体にとっては好ましくない反応)が起こりやすいので、積極的には吸収せず、全身に回る前に肝臓ですばやく取り込んでしまい、代謝されてしまうのではないかと思われます。

    したがって、血中のフルクトース濃度は低く保たれています。

     

    果糖をいっぱい取ると門脈が傷害されたりしないんだろうか?とか、考えてしまうのですが、どうなんでしょう?門脈血栓のリスクファクターとかにならないんだろうか?

     

    そして、肝臓に取り込まれた果糖の行方については長くなったので、また次回!!

    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック