calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

ひよこ全滅・・・

0

    残念ながら、飼い出して2ヶ月になるひよこたちが全滅してしまいました。

    外遊び場を囲ってあったのですが、小さな隙間から何かが侵入したようで、無残な状況になっておりました。
    ひよこは5月31日にやってきました。
    こんなカワイイひよこたちが、2ヶ月の間にグングン成長して鳴き声はピヨピヨひよこっぽいけど、
    見た目はニワトリのようになってきてました。
    わずか2ヶ月の間でしたが、集落の人たちにも元気を与えてくれてました。
    それなのにゴメンなさい。
    養鶏は毎日お世話が必要なので、私たちだけではできません。
    もし、ひよこのお世話をしてくれていたじいちゃんがやる気をなくしてしまったら、もう養鶏は諦めなければいけません。
    ドキドキしながらじいちゃんのところへ行ってみると、「申し訳ない」と謝りながらも、もう一度やってみたいと言ってくれました。
    というわけで、もう一度改善すべきところを洗い出して、修正し、もう一度挑戦してみようと思います。
    今度こそヒヨコ達の命を無駄にしないように頑張ります。
    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    ムング豆

    0

      ムング豆は日本では緑豆と呼ばれていて、春雨の原料になったり、もやしの種として使われていたりします。

      日本では17世紀に栽培記録があるそうですが、ほとんど栽培されていません。
      インド原産らしいので、熱いところの方がお好みなのか?はたまた雨が多いとダメなのか・・・
      とにかく日本の気候条件に合わないんだろうと思います。
      しかし、緑豆はアーユルヴェーダでも有益な食べものとされています。
      なんとか栽培してみたい・・・
      「自然栽培の里@のと」は別に採算を合わせる必要もないので、こういうチャレンジはウチがやらなければ誰もやらないだろう!!
      それに、何年か種を採り継いでいくことで、環境に適応してくれるかもしれないし・・・
      でも、そんなタイミングで「自然栽培」という雑誌で、韓国で緑豆を栽培している方がいることを知りました。
      また、「べにや長谷川商店」のFBで瀬戸内海の飛鳥というところで緑豆が栽培されているということを知りました。
      韓国や瀬戸内で栽培できるんだったら、能登でも頑張ればなんとかなるんじゃないのか?
      というわけで、中国の内モンゴル産の緑豆をオーダーしてみました。ここの緑豆なら寒くても大丈夫なんじゃないかと思って。
      でも雨には弱そうな気がするなぁ。
      で、まずはポットで苗づくりです。
      ここまではいけるんだよなぁ。
      そして、現在・・・
      今のところまずまず順調なのですが・・・
      これからどんな困難が待ち受けているのか? はたまた意外とすんなりうまくいってしまうのか?
      ドキドキしながら栽培中です。
      人気ブログランキングへ Twitterボタン
      Twitterブログパーツ

      「食と栄養のセミナー」in 高岡

      0

        明日、13:00〜富山県高岡市のおとぎの森公園にて、「食と栄養のセミナー」のご依頼を頂きました。


        明日は、総論的にお話をしていきたいと思います。

         栄養学の限界
         食の問題点
         栄養障害のパターン
         食を改善するためにはどうしたら良いのか?
        などをお話ししたいと思っています。
        プロジェクターなしでホワイトボードでということなので、脱線しまくりそうな予感がします。
        2時間ぐらいでとのことですので、少なくとも食の問題点まではきちんとお話ししたいと思います。
        この先はご自分で考えていただければ対処法が見えてくると思いますので、時間がなくなったら簡単にお話しします。
        できるだけ皆さんにわかりやすくお話しできるように頑張ります。
        明日楽しみにしています。

        最近少しずつ講演依頼が増えています。本当にありがとうございます。

        でも農作業が忙しく、現在は月に一回のみ講演をお受けしています。
        今のところ、自分の夢を実現させるため農作業を優先しておりますが、私が「身体や食事や健康についてどのように考えているのか知りたい」という方にはできる限りお話しさせていただきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。
        人気ブログランキングへ Twitterボタン
        Twitterブログパーツ

        食の勉強会「海藻」

        0

          今日は能登島サンスーシーにて、食の勉強会第4弾「海藻」を開催させていただきました。

          まずは参加者が簡単に自己紹介した後、私も楽しみにしていた池森先生のお話から。
          海藻と海草の違いとか、能登で食べられている海草の紹介、さらに海藻を使った美味しそうなお料理の紹介など、とても実践的で面白いお話を聞けました。
          さらに、なんと勉強会が始まる前に、池森先生が自らサンスーシーの前の海に入って採ってきてくださった海草の試食会がありました。
          これがイバラノリです。
          生で食べるとちょっと硬くてバサバサした感じなのですが、熱いお味噌汁に入れるとだんだんトロトロになって美味しくなってきます。個人的には少し芯が残ったアルデンテくらいが一番好きです。
          ちなみに、スープの中でトロトロになったものを冷やすと煮凍りのように固まるそうで、スープをスプーンで食べられるようになるそうです。試してみたい・・・
          他にも、ツノマタやミル、ムカデノリといった海草を試食しました。
          美味しかったです。
          オゴノリには食中毒の報告があるものの付着物による食中毒なのではないかということで、海藻には基本的に毒はなく傷んでいなければ、とりあえず食べてみても大丈夫だそうです。
          試食が美味しくて大満足してしまい、私の話が必要なのか疑問でしたが、私は海藻がどう身体に良いのかについてお話ししました。
          まず海藻のミネラルについてお話しするつもりが話が脱線して、採血による代謝パターンの分類法みたいな話になってしまいどうしようかと思いましたが、最後はうまく海藻の良さを伝えることにつながってホッとしました。
          海藻は、うまく利用することで、今の物質の循環を改善するかもしれない、すごい素材だと思います。
          能登では30種類もの海藻を食べてきたそうですし、現代農業の最新号では海藻肥料の特集も組まれていました。
          私もこれから海藻ともっと親しんでいきたいと思います。
          人気ブログランキングへ Twitterボタン
          Twitterブログパーツ

          アーユルヴェーダと自然栽培

          0

            アーユルヴェーダスクールの事務局の方が「自然栽培の里@のと」のお手伝いに来てくださいました。

            朝一番の新幹線で能登まで来ていただいたにもかかわらず、夕方までみっちりお手伝いしていただき、本当にありがとうございました。
            朝10時半すぎに到着後、お昼の食材(ジャガイモ&ズッキーニ)収穫&ソラマメの種取りしながら、圃場を案内させていただきました。
            その後、サツマイモの苗採りを手伝っていただきました。
            初めての体験だったそうで、喜んでもらえました。
            そして、お昼ご飯を作っている間に大根の種取りを。
            種取り用の大根を庇の下で干してあったのが、ちょうどいい感じに乾燥できてたので、種を鞘から取り出す作業を手伝っていただきました。こちらは単調な作業が続くので、瞑想になるかも(笑)
            そして昼食は玄米に梅干し、岩のりの味噌汁、畑で採れたジャガイモと、ズッキーニをギーでソテーしたもの。
            昼食後は、アーユルヴェーダでも有益な食べ物とされているムング豆の定植をしてもらいました。
            ムング豆は日本の気候に合わないのかほとんど栽培されていないのですが、少しでも収穫できないかと試験栽培中です。
            秋にムング豆を収穫して、キチュリ(ムング豆入りのおかゆ)を作るぞー!!
            ムング豆を植えた畑は、焼き物を作れるような粘土質で、雨が降るとぬかるんで、乾くとひび割れてカチカチになるという畑には向かない土でした。でも、下流で詰まっていた水の流れを復活させたことで、劇的に土が変わり、土が軟らかくなってきました。
            ここからは専門用語が続きますが、気にせずに流してください
            アーユルヴェーダ的には、「スロータスが閉塞してアーマが溜まった状態になっていたのが、スロータスを開通させることによって、カパが流れるようになって、アーマがなくなって土の状態が良くなったんじゃないか」
            という話をしながら盛り上がってました。
            アーユルヴェーダと自然栽培って、ベースの考え方が似ているのではないかと思います。
            だからこそ、アーユルヴェーダスクールの方にも自然栽培に興味を持っていただけたのではないでしょうか?
            人気ブログランキングへ Twitterボタン
            Twitterブログパーツ

            0

              去年の秋にコソッと家の前の花壇に麦を蒔きました。

               

              結構石が多い花壇なので上手く育つのか不安でしたが、いろいろ観察したかったので毎日見れるところに蒔きたかったんです。
              これが、12月中旬ごろの写真です。
              緑色のが麦の葉っぱです。
              この頃にここで麦踏みをしているところを妻に見られ、バレちゃいました。
              そして、冬の雪にも耐え、暖かくなるに従ってどんどん大きくなってきました。
              そして、先週とうとう収穫しました。
              こんな小さな花壇で、しかも土は石だらけなのに、
              しかも玄麦を植えたのにもかかわらず、よくぞここまで育ってくれました。
              本当に麦ってすごいですね。
              人気ブログランキングへ Twitterボタン
              Twitterブログパーツ

              梅干し

              0

                我が家でも、帰国後は毎年梅干しをつけています。

                今年も6月14日に梅干しを漬けました。
                昨年は塩も手作りの海底湧水塩でしたが、今年の塩は買ってきました。

                ちなみにこんな塩です。

                この塩はとっても美味しいのですが、ちょっとお高めです。
                塩分は13%です。
                これぐらいだと、塩抜きしなくても美味しく食べられますし、お料理にも使いやすい。
                今まで13%でカビにやられたこともありません。
                さらに我が家では、煮物などに入れることも多いので、昨年から紫蘇を入れずに白梅干しにしています。
                紫蘇入れなくても、十分美味しいです。
                というわけで、我が家の梅干しの原材料は「完熟
                梅」「塩」だけです。
                余った梅は,はちみつ梅シロップにしました。
                まだ漬けて一週間経ってませんが、少しずつ減ってきています。^^
                人気ブログランキングへ Twitterボタン
                Twitterブログパーツ

                逆流性食道炎

                0
                  一昨日に研究会に行ってきました。
                  逆流性食道炎と小腸疾患がテーマだったのですが、逆流性食道炎の話を聞きながらいろいろ考えてしまいました。

                  まず、日本人の胃酸分泌が増えてきており、それに伴って逆流性食道炎が増えている。
                  食生活の欧米化に伴って胃酸分泌が増えているとのこと・・・
                  ということは、逆流性食道炎の根本治療は、食生活の改善になるのではないか?
                  と、考えながら色々仮説を立てながらお話を聞いていました。

                  例えば、胃酸分泌に体のpH調整機能があるとすると、
                  食生活の変化によって体が酸性に傾くことで、胃酸の分泌が促進されて、逆流性食道炎になっているとしたらどうだろう??

                  酸性化した体を中性に持っていくために、胃酸が分泌されたとすると、十二指腸や膵臓から分泌されるアルカリも少なくなっているかもしれない。
                  だとしたら、逆流性食道炎と十二指腸炎に相関があるのではないか?
                  また、腸内が酸性化することによって、腸内細菌にも影響があるのではないか?
                  齲歯や骨粗鬆症とも相関があるかもしれない。
                  もしかしたら、唾液のpH緩衝能を測定することによって、逆流性食道炎のリスクを評価できるかもしれない。
                  だとしたら、今は逆流性食道炎の治療は胃酸を抑える治療をしているが、
                  実は胃酸を抑えることで、酸を排出することができなくなって、根本的な病態を悪化させている可能性もあるのではないか?
                  逆流性食道炎の根本治療とは、胃酸を抑えることなのではなく、体を酸性化させる食事を改めることなのではないか?
                  そんなことを考えながら、お話を聞かせていただきました。
                  この仮説が正しいかどうかはわかりませんが、とっても勉強になりました。
                  人気ブログランキングへ Twitterボタン
                  Twitterブログパーツ

                  ヒヨコ

                  0
                    ピヨピヨ〜
                    とうとうヒヨコがやってきました。

                    ヒヨコ
                    めっちゃかわいいんですけど!!
                    有精卵にするために、メス50羽にオス5羽がやってきました。
                    伝票見たら、オスの値段がメスの8分の1くらいなんですけど・・・
                    オスは卵産まないからとても安くなっています。
                    そういえば、昔お祭りの時に売ってたヒヨコはメスって書いてあるやつもほとんどオスでした。
                    売れないオスを売るためのシステムだったのか・・・
                    ヒヨコと娘
                    秋頃から卵を産み始めるらしいので、新米で卵かけ御飯を食べられる日を夢見て頑張ります。
                    人気ブログランキングへ Twitterボタン
                    Twitterブログパーツ

                    ツボクサ

                    0
                      ツボクサという草を買ってみました。
                      ツボクサ
                      アーユルヴェーダではブラフミーと呼ばれ、脳細胞を含めた神経系に良いとか若返りの効果があるとか言われているハーブです。
                      あったかくなってきたので、これを畑に植えて増やし、うちの食卓に取り入れて、頭脳明晰&若返りを狙ってみようという魂胆です。
                      ツボクサ植付け
                      こんな感じで植えてみました。
                      乾燥に弱いそうなので耕作放棄田の一角で、同じセリ科チドメグサ属でより小さなチドメグサが生えているところに植えてみました。
                      今のところ順調に根付いているようです。
                      これから、暑くなってますます成長が盛んになってたくさん取れますように。
                      と、畑の周りを歩いていると、ツボクサと同じような草がたくさん生えています・・・
                      カキドオシ
                      カキドオシ2
                      なんだ!?
                      ツボクサが自生してる??別に買う必要なかった??
                      と思ったのですが、調べてみると、こちらはカキドオシというシソ科の草でした。
                      カキドオシにも血糖を下げたり、胆石や尿管結石などにも効果があるそうで、
                      これはこれで使えそうな気がします。
                      しかし、よく似ているなぁ・・・
                      早とちりで一瞬すごくテンションが上がりましたが、地道にツボクサも育てていきたいと思います。
                      人気ブログランキングへ Twitterボタン
                      Twitterブログパーツ

                      << | 2/44PAGES | >>