calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

スパイス

0
    最近豆の料理について色々調べていたのですが、インドでも豆料理はかなり食べられていて、スパイスを上手く使った豆料理がいっぱいあります。

    そして、日本人はたいていカレーが大好きです。

    これは、豆をうまく取り入れるために使えるに違いない!!
    と思い、今ハマりつつあります。

    インドでは、日本人が醤油や鰹節や味噌を使うようにして、様々なスパイスを自然に使い分けている様です。
    スパイスの基本的な使い方をマスターすれば、豆料理だけでなく、レシピの幅も広がりますし、普段の料理にも少しスパイスを取り入れれば、美味しくなるかもしれません。

    シンガポールなら、リトルインディアとかに行けば、きっとスパイスも手に入るはず!!

    という訳で、これから少しスパイスを使う技を研究してみたいと思います。
    まず、スパイスを買いに行こう!!

    ***************************
    Down to Earth 食育セミナー

    次回のセミナーは
    、2012年7月29日(日)の予定です。
    詳細は決定次第このブログでもお知らせします。
    ***************************

    7月21日(土)
    武田鉄矢 主演映画『降りてゆく生き方-Down to Earth-』
    シンガポール特別公演決定

    詳細はH SEEDSまで

    降りてゆく生き方

    ***************************

    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    ひよこ豆

    0
      シンガポールではひよこ豆を良く見かけます。

      ひよこ豆
      ひよこ豆はこんな豆です。
      ひよこのくちばしみたいにピヨって出てるから、ひよこ豆と言うのでしょうか?名前の由来はわかりません。
      ガルバンソーとかエジプト豆とかチャナとかいろいろな呼び名があるようです。

      インドではひよこ豆を使ったカレーを良く食べるそうですし、
      中東ではフムスというひよこ豆で作ったペーストがよく食べられています。
      北アフリカや中南米でもよく食べられているようで、世界では意外とポピュラーな豆のようです。

      ウチではフムスを良く作ります。
      パンに付けてもおいしいし、そのまま食べてもおいしいし、野菜につけてもおいしい。

      作り方は、ひよこ豆を一晩水につけて戻して、茹でます。
      茹で上ったら、タヒーナ(胡麻のペースト)、ニンニク、塩、コショウ、レモン汁などと一緒にペーストにして出来上がりです。
      でも、ウチではタヒーナを入れると油が多くなるので、代わりにひよこ豆の煮汁を入れて作っています。
      レモンを多めに入れて、酸味をきかせると、パンに良く合います。

      ひよこ豆のカレーもおいしそうだから挑戦してみたいなぁ。
      シンガポールなら美味しいスパイスとかも手に入りそうだし。

      ***************************
      Down to Earth 食育セミナー
      チケットはブックマートセントラル店
      (MRTクラークキー駅直結セントラル2F)にて好評発売中!!

      日時:2012年6月24日(日)14:15〜18:00 開場14:00
      会場:River Gate Condominium(会場が変更になっています。ご注意下さい)
      定員:約40名
      費用:50ドル(GST込み)
      全席自由席、講演は日本語のみ、チケット前売のみ(当日券はありません)
      チケット取扱店:ブックマート・シンガポール・セントラル店(MRTクラークキー駅ビル)
      主催:HSEEDS
      お問い合わせ:hseeds@live.jp

      詳細は
      こちらの動画をご覧下さい!!
      ***************************
      人気ブログランキングへ Twitterボタン
      Twitterブログパーツ

      テンペ

      0
        日本にも味噌や納豆など多くの大豆発酵食品がありますが、東南アジアにも有名な大豆発酵食品があります。

        テンペ
        テンペです。

        テンペはインドネシア発祥の大豆発酵食品です。
        作り方は大豆を水に漬けて、乳酸菌を増殖させます。このときできる乳酸が大豆のpHを下げて、テンペ菌(カビの仲間)が発育しやすい環境を作ってくれるそうです。
        日本酒の乳酸菌と酵母の関係に似ていますね。

        そして、バナナの葉で蒸した大豆を包んで発酵させます。
        バナナの葉にはテンペ菌がたくさんいるらしく、乳酸でpHの下がった大豆の中で、元気に発酵していきます。

        しかし、今ではpHを下げるために乳酸を直接混ぜたり、酢を使ったりすることもあるみたいですし、培養したテンペ菌を使うことも多い様です。

        日本酒を醸造する際にも、乳酸を直接入れたり、培養した酵母を使うことは一般的になっているみたいなので、こんなところまで似ています。

        味は、匂いや粘りやクセの強くない納豆のような感じです。
        日本でも手に入ると思いますので、食べてみて下さい。

        一回、バナナの皮に包まれたテンペを食べてみたいなぁ。


        ***************************
        Down to Earth 食育セミナー
        チケットはブックマートセントラル店
        (MRTクラークキー駅直結セントラル2F)にて好評発売中!!

        日時:2012年6月24日(日)14:15〜18:00 開場14:00
        会場:River Gate Condominium(会場が変更になっています。ご注意下さい)
        定員:約40名
        費用:50ドル(GST込み)
        全席自由席、講演は日本語のみ、チケット前売のみ(当日券はありません)
        チケット取扱店:ブックマート・シンガポール・セントラル店(MRTクラークキー駅ビル)
        主催:HSEEDS
        お問い合わせ:hseeds@live.jp

        詳細は
        こちらの動画をご覧下さい!!
        ***************************
        人気ブログランキングへ Twitterボタン
        Twitterブログパーツ

        大豆

        0
          今回は大豆について少し考えてみたいと思います。

          昔から、日本では大豆を利用した食品が多く利用されてきました。
          味噌・醤油・きな粉・豆腐・おから・湯葉など多くの食品があります。

          でも、世界的に見ると、大豆を日常的に食べる習慣があったのは、中国や日本、韓国など東アジアとインドネシアくらいみたいですね。他の地域では、大豆は家畜が食べるものだったようです。もったいない・・・

          以前の記事にも書いたように、大豆は日本人にとって重要なタンパク質源でした。しかし、大豆には他にも様々な栄養素が含まれています。

          例えば、リノール酸というω6系の必須脂肪酸が多く含まれていて、大豆油の約半分がリノール酸と言われています。

          リノール酸の必要量は「日本人の食事摂取基準(2010年版)」によると、9g位(この値が正しいのかどうかは、定かではありませんが)と書いてあるので、乾燥大豆で90gくらい食べれば、大豆だけで必要量がまかなえてしまう計算になります。

          リノール酸は穀物の胚芽にも結構含まれているはずなので、わざわざ油を使わなくても、胚芽のついた穀物と大豆をきちんと摂っていれば、それだけで自然にリノール酸を必要量摂れてしまう訳です。

          という訳で、ご飯と一緒にお味噌汁や納豆を食べるのは、なかなかすごい組み合わせなのかもしれません。

          ***************************
          Down to Earth 食育セミナー
          チケットはブックマートセントラル店
          (MRTクラークキー駅直結セントラル2F)にて好評発売中!!

          日時:2012年6月24日(日)14:15〜18:00 開場14:00
          会場:Seminar room LLP (MRTブギス駅)
          定員:約40名
          費用:50ドル(GST込み)
          全席自由席、講演は日本語のみ、チケット前売のみ(当日券はありません)
          チケット取扱店:ブックマート・シンガポール・セントラル店(MRTクラークキー駅ビル)
          主催:HSEEDS
          お問い合わせ:hseeds@live.jp

          詳細は
          こちらの動画をご覧下さい!!
          ***************************
          人気ブログランキングへ Twitterボタン
          Twitterブログパーツ

          0
            最近、ベジタリアンの食事にも興味が出てきたのですが、その際にタンパク質供給源として大切になってくるのが、豆類です。

            日本食で見てみると、お米にも100g当たり6g位のタンパク質が含まれているのですが、リジンやスレオニンといった必須アミノ酸が少ないために、私達はお米のタンパク質を有効に使うことができません。(プロテインスコア65)

            しかし、大豆を一緒に食べると・・・
            大豆には、お米に少ないリジンが多く含まれており、
            お米には、大豆に少ない含硫アミノ酸が多く含まれているので、
            お互いに補い合って、タンパク質の利用効率が良くなるのです。

            日本では、お米と一緒に大豆を摂る習慣があります。
            お味噌汁の味噌も大豆ですし、豆腐や納豆だって大豆からできています。

            このようにして、日本では大豆を使ってタンパク質の利用効率を上げてきた訳です。

            インディアンもトウモロコシと一緒に豆を育てていたそうですし、
            ブラジルでもお米(ガーリックライス)と一緒に、フェイジャンという豆の煮込みが食べられているそうです。
            北西アフリカ諸国では、クスクスと共にひよこ豆を食べていますし、
            インドでもインディカ米と共に豆のカレーがよく食べられています。

            このように、世界各地で穀物と豆類の組み合わせができているのです。

            ちょっと、豆についても色々調べてみようと思います。


            ***************************
            Down to Earth 食育セミナー
            チケットはブックマートセントラル店
            (MRTクラークキー駅直結セントラル2F)にて好評発売中!!

            「食」はあなたを変える。食は「生きる」こと、「いのちを守る」こと。
            昨年シンガポール上映した映画「降りてゆく生き方」から「私達を支えているのは、
            自然の生態系であり、私達もその一部である。」をテーマにした食育セミナーを開催。
            食を通して健康な生き方、地球と未来、オーガニックなどに興味のある方にオススメです。

            消化器内科医師・日本臨床栄養協会サプリメントアドバイザー  三林 寛
            シンガポール国家登録中医師  渡邊 勇
            オーガニックアドバイザー  田中 春美

            日時:2012年6月24日(日)14:15〜18:00 開場14:00
            会場:Seminar room LLP (MRTブギス駅)
            定員:約40名
            費用:50ドル(GST込み)
            全席自由席、講演は日本語のみ、チケット前売のみ(当日券はありません)
            チケット取扱店:ブックマート・シンガポール・セントラル店(MRTクラークキー駅ビル)
            主催:HSEEDS
            お問い合わせ:hseeds@live.jp
            Down to Earth
            ***************************
            人気ブログランキングへ Twitterボタン
            Twitterブログパーツ

            ドリアン

            0
              最近、内容が重たくなっていたので、5月の最後はかるーくいこうと思います。

              ウチの向かいの果物屋さんにドリアンが出ていました。
              向かいの果物屋
              毎年この時期になるとなぜかドリアンが出回ります。

              僕もシンガポールに来て初めて見たのですが、スーパーでは30mくらい離れたところからでも、独特の匂いが漂ってきて、すぐにわかります。強烈な匂いです。

              ゲイランというところには果物屋さんがいっぱいあって、ドリアンもいっぱい並んでいます。
              ドリアン ゲイラン
              一番高いやつは一個S$50(3000円)以上します。

              おいしいドリアンってくさいけど、美味しそうな不思議な匂いがするんですよね。

              ここで、ドリアンを買うとナタでドリアンを割ってくれます。
              ドリアン 中身
              この黄色いところを手でつかんでかぶりつきます。
              濃厚なクリームのような何とも言えない食感。そして複雑な味!!
              嫁や子供達はあまり好きじゃないみたいですけど、僕は大好きです。

              ドリアンは、100gあたり100Kcal以上の高カロリーな果物です。アボカドに次ぐカロリーの高さです。
              さらに濃厚なだけあって、糖分も脂質もタンパク質も多く含まれており、ビタミンB群やミネラルも豊富です。

              ただし、ドリアンとアルコールを一緒に飲むと死ぬという迷信があります。科学的な根拠はない様ですが・・・
              僕は、この迷信を知らずに、最初にドリアンを食べた日にタイガービールを一杯飲んでしまいましたが、まだ生きています。

              皆様も東南アジアにいらした際には、ぜひドリアンに一度挑戦してくださいませ。
              人気ブログランキングへ Twitterボタン
              Twitterブログパーツ

              動物性食品

              0
                最近食事がベジタリアンに近くなってきているのですが、動物性食品が体に良いのか、悪いのかについては、まだ自分の中で結論が出ていません。

                しかし、動物性食品は絶対必要なものでもないなぁと思っています。

                では、まず動物性食品のデメリットについて考えてみたいと思います。

                一つ目は、脂質が比較的多いことです。
                もちろん植物にも、オリーブやアボカドの様に油を多く植物もありますが、動物性食品には脂質を多く含むものが多いです。
                脂質は1gあたり9Kcalとエネルギーが高いのです。ですので、すぐにエネルギー過剰になってしまいます。
                また、植物性食品はコレステロールをほとんど含んでいませんが、動物性食品にはコレステロールが含まれています。

                二つ目は、化学物質による汚染の可能性が高いことです。
                動物は植物よりも食物連鎖の上位になるため、化学物質が生物濃縮されている可能性が高くなります。
                また、環境中に長く残る有害物質は脂溶性(油に溶けやすい)ものが多いのです。
                ダイオキシン類も、塩化炭素系の農薬も脂溶性のものが多いです。
                そして、動物性食品は脂質が多いのです。
                特に霜降り肉やマグロのトロなど高級品には・・・

                三つ目は食物繊維が少ないことです。
                食物繊維は多くが植物の細胞の細胞壁です。動物の細胞には細胞壁がありません。ですので、食物繊維はほとんどないことになります。

                四つ目は健康に育てられた動物性食品が手に入りにくくなっていることです。
                畜産や魚の養殖の場で、どのように動物達が扱われているのかを調べてみて下さい。
                畜産の実態に関しては下の本が一番衝撃的でした。
                まだ、肉を食べているのですか―あなたの「健康」と「地球環境」の未来を救う唯一の方法
                エサには農薬や除草剤がたくさん含まれ、病気を防ぐために抗生剤が投与され、ホルモン剤まで使われているかもしれない動物性食品は、非常に危険だと思いませんか?

                五つ目は私達にも感染しうる微生物感染を持っている可能性があるということです。
                植物に感染する微生物は人間に感染するものとは違うことが多いのですが、動物には人間にも共通して感染するものが多くあります。
                つまり、食中毒が発生する可能性が植物性食品に比べて高いということです。

                ここまで書くと、動物性食品がいけないもののような感じがします。
                でも、動物性食品にもメリットはあると思います。

                一つ目は、タンパク質の利用効率が良いこと。
                私達の体と組成が似ているからでしょうか?動物性食品のタンパク質は効率よく使えるものが多いです。

                二つ目は、動物性食品に含まれる鉄はヘム鉄と呼ばれ、吸収率が植物性食品に比べて高いこと。

                あとは、、、あんまり思いつかないなぁ・・・

                こうして見ると、積極的に動物性食品を摂る必要性はあまりないと思います。

                しかし、タンパク質や鉄などを効率よく使えるので、成長が激しいとき、激しい消耗から回復する時などに取り入れるのは良いのではないかと思います。
                ただし、なるべく脂肪が少ないもの、食物連鎖下位のもの、できるだけ健康に育てられたものを選んで食べた方が良いと思います。
                人気ブログランキングへ Twitterボタン
                Twitterブログパーツ

                ディップ

                0
                  今日は、ディップを作りました。
                  なぜディップかというと、サラダにかけるドレッシングの代わりにもなるし、パンに塗るバターの代わりにもなるし、温野菜につけても美味しいし、油を制限したヘルシー食生活には強力な味方になってくれるのではないか?と思ったからです。

                  まず、ひよこ豆でホムスを作ってみました。
                  「心臓病は食生活で治す」にのっていたレシピです。
                  ひよこ豆の缶詰一缶に、レモン汁、レモンの皮、ベジブロス、醤油などを入れてフードプロセッサーにかけました。
                  ホムス
                  ごまのペーストが入っているものが多いみたいですが、油が多くなるのでこの本では入れないで作っています。
                  味は・・・・まだまだ、改善の余地がありそうです。
                  これから研究して、もっと美味しいものを作っていきたいと思います。

                  さらに、ウズラ豆の味噌ペーストです。
                  こちらは、「べにや長谷川商店の豆料理」という本のレシピです。
                  ウズラ豆を茹でて、味噌、ニンニク、醤油、煮汁、オリーブオイル少々を加えてフードプロセッサーにかけるだけ。
                  ウズラ豆の味噌ペースト
                  こっちは美味しい!!
                  煮汁をきちんと使えば、オリーブオイル無くても美味しくできそうです。

                  そして、余ったウズラ豆で「ウズラ豆とレンコンのハンバーグ」を作ってメインディッシュ完成です。
                  それでは、いただきます。
                  人気ブログランキングへ Twitterボタン
                  Twitterブログパーツ

                  塩麹

                  0
                    昨日、妻がお料理教室に行ってきました。
                    そこで、塩麹をはじめてお料理に使ったそうです。

                    塩麹っていう言葉は聞いた事はあって興味はあったのですが、ウチではつくった事なかったんですよね。日本ではずいぶん流行っているという噂・・・

                    妻はブロッコリーとパプリカの塩麹炒めをつくったそうで、ほのかに甘く、丸いしょっぱさで、美味しかったそうです。

                    話を聞けば、聞くほど、食べた〜い。(笑)

                    ウチには、以前甘酒つくるために買っておいた麹がまだあるはず・・・

                    塩麹の作り方は、麹の袋に書いてあります。
                    お湯300mlに塩60gを溶かして、60℃まで冷まし、揉みほぐした麹をお湯に投入。
                    そのまま2〜3時間保存。
                    その後は、室温で毎日1回かきまわし、一週間ほど熟成させて出来上がりだそうです。

                    さっそく自分でやってみます。

                    お料理教室


                    ***************************
                    Down to Earth 食育セミナー
                    「食」はあなたを変える。食は「生きる」こと、「いのちを守る」こと。
                    昨年シンガポール上映した映画「降りてゆく生き方」から「私達を支えているのは、
                    自然の生態系であり、私達もその一部である。」をテーマにした食育セミナーを開催。
                    食を通して健康な生き方、地球と未来、オーガニックなどに興味のある方にオススメです。


                    日時:2012年4月1日(日)14:15〜17:00 開場14:00
                    会場:Seminar room LLP (MRTブギス駅)
                    定員:約40名
                    費用:50ドル(GST込み)
                    全席自由席、講演は日本語のみ、チケット前売のみ(当日券はありません)
                    チケット取扱店:ブックマート・シンガポール・セントラル店(MRTクラークキー駅ビル)
                    主催:HSEEDS
                    お問い合わせ:hseeds@live.jp
                    Down to Earth
                    ***************************
                    人気ブログランキングへ Twitterボタン
                    Twitterブログパーツ

                    パッションフルーツ

                    0
                      ウチの下の娘はパッションフルーツが大好きです。
                      と、いうわけで我が家では朝ご飯にパッションフルーツを食べることが良くあります。

                      パッションフルーツ

                      あの酸っぱさが、眠気も吹っ飛ばしてくれますし、スプーンで食べれば手も汚れないし、素早く食べれるし、美味しいし、朝食には最適ではないかと思います。
                      ただ、下の娘はときどき幼稚園の制服に汁をこぼして、ママが困り果ててますが・・・

                      このパッションフルーツ、栄養的に見てもなかなかです。
                      βカロテンがかなり豊富に含まれていますし、鉄などのミネラルも豊富です。
                      さらにビタミンB群も比較的多く含まれています。

                      シンガポールでは一年中安くてに入るので、こっちにいる間にたくさん食べておきます。

                      ==========
                      Raffles Japanese Clinic メディカルトーク
                      「食で美しく・賢くなるために!」
                       〜油で変わる、あなたの体〜
                      場所:Raffles Hospital 本院11階 ラーニングセンター
                      日時:2012年3月6日(火) 11:00~
                      無料ですが、ご予約が必要です。
                      ご予約は 6311 1190 Raffles Japanese Clinicまで
                      ==========

                      人気ブログランキングへ Twitterボタン
                      Twitterブログパーツ

                      << | 2/4PAGES | >>