calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

降りてゆく生き方〜健康塾〜

0
    今日は名古屋に来ています。
    明日開催される、「降りてゆく生き方〜健康塾〜」に出席するためです。

    横浜では「日本抗加齢医学会総会」が行われているので、どちらに行こうか迷ったのですが、健康塾の方が面白そうだったのと、これから私のやりたいことにより近いのは健康塾の方だと思ったので、こちらを選びました。

    講師は
    映画「降りてゆく生き方」のプロデューサー、森田先生。
    シルクロードの天山まで行って、本物の蜂蜜を作っていらっしゃる、石川社長。
    そして、4月にもお邪魔しためぐみ農場で自然栽培をされている、織田さん。

    何か面白いお話が聞けそうな講師陣で、ワクワクします。

    森田先生は、「降りてゆく生き方」のテーマの一つである「発酵」について、腸内細菌も絡めてお話されるのではないかと思います。

    実は、私も大学院生だった頃は少しだけですが腸内細菌の研究をしてました。

    味の素に研修に行ってT-RFLPという、腸内細菌の遺伝子を調べることで腸内細菌のパターンを解析する方法を習いにいったり、腸内細菌と腸粘膜の再生についての研究をちょっとやったりしていました。

    むかしの培養に頼っていた頃に比べると、遺伝子解析ができるようになって、腸内細菌のことがかなりわかってきているのは確かですが、それでもまだまだわからないことだらけの分野です。
    今の段階で断片的にわかっていることをつなげても、実用につなげるのはまだまだ難しいような気がします。

    でも、腸内細菌についてわからないことだらけなのは、土壌微生物についてわからないことだらけなのと似ています。
    その中で、土壌の微生物の力をうまく利用して成り立っている「自然栽培」のアプローチは、腸内細菌の力をうまく利用する手段を見つける上ですごく役立つのではないかと思っています。

    明日は、どんなお話しになるか楽しみです。
    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    かぶら寿司計画

    0
      皆さんかぶら寿司ってご存知ですか?

      石川県や富山県で昔から食べられてきた蕪と魚のお漬け物というか、熟れ鮨のようなものです。
      かぶら寿司

      石川県と富山県では使う蕪が違うのですが、石川県で昔から使われてきた「金沢青カブ」という蕪はもうほとんど作られていないそうです。

      それなら、自分で作っちゃおう!!

      ということで、「自然栽培金沢青カブで作ったかぶら寿司」プロジェクトを計画中です。
      松下ガーデンさんで、種を扱っていらっしゃるそうなので、うまく行くかどうかわかりませんが、やってみようと思います。

      なんか、想像しただけで美味しそうです。

      ついでに、自然栽培「源助大根」で作るブリ大根も食べてみたい。
      ブリ大根

      想像しただけで、よだれが出てきます。

      想像しまくって、うまくできなかったらショックなので、あまり期待しないようにしようっと。
      人気ブログランキングへ Twitterボタン
      Twitterブログパーツ

      カンコン

      0
        先日、映画「よみがえりのレシピ」のイベントで加賀野菜の生みの親、松下良さんの娘さんやお孫さんとお食事させていただいたので、先日松下ガーデンに行ってみました。

        娘さんやお孫さんとはお会いできなかったのですが、懐かしいものを見つけました。

        エンサイって書いてあったのでよくわからなかったのですが、空芯菜って書いてあります。
        そして、写真を見ると・・・

        Singaporeでよく食べたカンコンではないですか!!!

        Singaporeではニンニクと一緒にさっと炒めたりとか、
        サンバルソース(マレーの万能辛み調味料)と一緒に炒めたサンバルカンコンとかよく食べました。
        サンバルカンコン
        サンバルカンコンはこんなやつです。私の大好物です。

        妻も懐かしく思ったらしく、思わず種を買ってしまいました。

        早速、妻はプランターで育て始めました。プランターで大丈夫なんだろうか??

        私も、畑の空いているところにも植えてこようと思います。
        自然栽培サンバルカンコンを作るぞー!!
        人気ブログランキングへ Twitterボタン
        Twitterブログパーツ

        山菜アドバイザー「谷口藤子」さん

        0
          昨日、山菜アドバイザーの谷口藤子さんにお会いしてきました。

          シンガポールにいた頃から、「能登の花嫁」というサイトにビデオがアップされていて、一度お会いしたいと思っておりました。

          私が山菜に興味を持ったのは、こんな理由からでした。
          今の食事は人為的に手を加えることで、色々おかしなことがたくさん起っており、それが原因で病気になるという面もあるのではないか?
          だとしたら、人の手を借りずに自然の中で育った山菜というものは最高の素材なのではないか。

          実際、谷口さんも実年齢よりも20歳くらい若く見えますし、とてもお元気です。

          50年も能登の山を歩き続けて植物を観察し続けておられ、どこに何があるのかまで知り尽くしていらっしゃいます。
          どこどこにはなぜかニラの群生があるとか・・・

          さらに、山菜についての知識もすごくて、どんどんお話が広がっていきます。
          うわばみ草(水ブキ)だけでも花や種の話など、いろいろお話ししてくださいました。

          また、山椒を実を佃煮のようにして保存していらっしゃったり、藤の花をつけて酢を作られたり、
          酢
          山菜を使っていろいろ作っていらっしゃるものを実際に見せていただいたり、試食させていただいたりしました。

          一緒にいるだけで、とっても楽しくて、勉強になります。
          あっと言う間に2時間ぐらいたっていました。

          とても、一日で教えてもらえるようなことではありませんので、まずは「能登の山を歩く会」に入会させていただき、能登の植物について実際に山を歩きながら地道に勉強させていただこうと思います。
          人気ブログランキングへ Twitterボタン
          Twitterブログパーツ

          山伏

          0
            鶴岡には、出羽三山(羽黒山、湯殿山、月山)があり、山伏がたくさんいらっしゃいます。
            私は「よみがえりのレシピ」の監督が「緑の山伏」というイベントにパネラーとして出演されていた御縁で、このイベントに参加させて頂きました。

            さらにイベント終了後に2次会まで参加させていただきました。
            ここでは、山伏や山伏に興味を持っていらっしゃる方と一緒にお話することができました。

            山伏というと、法螺貝を吹いたり、滝に打たれたり、といったイメージしかなかったのですが、とても興味深いのです。

            山伏は山の中で、自然に畏敬の念を持ち、いかに自然に関わるのか、いかに自然の中で生きるのかについて極めることで、生きるということを見つめ直している人達のような気がします。

            前回の記事でも書きましたが、人間は自然の循環・流れの中で生きています。
            要するに、自然に支えてもらわないと生きてはいけない訳ですが、自然は常に人間に優しく接してくれる訳ではありません。

            もし、私たちが自然の支えを受けられなくなってしまう様な生き方をしてしまっていることが、様々な問題の原因だとするならば、山伏はその問題を解決するための生き方の手本を示してくれている大切な存在のような気がするのです。

            山伏は鶴岡の人達の心の拠りどころというかベースになっていて、若い方々もたくさん山伏になっていました。
            そして、こういう拠りどころがあるからこそ、多くの在来野菜が受け継がれ、「よみがえりのレシピ」が誕生したのではないかと思いました。

            能登にとって、山伏にあたるものってなんなんだろう?
            人気ブログランキングへ Twitterボタン
            Twitterブログパーツ

            よみがえりのレシピ

            0

              今回鶴岡に行った目的は,「よみがえりのレシピ」(http://y-recipe.net/)のシンガポール上映の準備のためでした.

               

              私自身は,まだ「よみがえりのレシピ」を見ていません.

              ですが,この映画は在来野菜にスポットを当てることによって,お金や効率性を基準にして生きることで見失ってしまった大切なものをよみがえらせようという,深いテーマを内在した映画なのではないかと思っています.

               

              これは,シンガポールで行ってきた食育のメインのテーマでもあります.

              私たちは自然の循環・流れの中で生きているのに,経済や効率性を重視すると,それが見えなくなってしまい,循環を断ち切ったり,流れを汚したりすることを平気でやってしまいます.

               

              これは,食だけに限ったものではなく,様々な問題に共通のテーマだと思います.

               

              そして,循環がうまくいかなくなってくると,私たちは行き詰まってしまうのです.

               

              この映画は,まだ自然の循環が本来の形で残っている在来野菜にスポットを当てることで,この循環の大切さを再認識させてくれるのだと思います.

               

              そして,この映画がこれだけ受け入れられているということは,多くの方が行き詰まりを感じていらっしゃるということだと思います.

               

              この映画を通して,多くの人が私たちを支えてくれている本当に大切なものに気付き,新しい価値観を作るきっかけになるのではないか?と考え,わくわくしています.

               

              金沢では511日から香林坊109のシネモンド(http://cine-monde.jimdo.com/)で上映されます.

              実際に見るのが楽しみです.家族みんなで見に行こうっと.

              人気ブログランキングへ Twitterボタン
              Twitterブログパーツ

              鶴岡

              0

                シンガポールにいた時のお友達が、シンガポールで「よみがえりのレシピ」という映画を上映したいということで、鶴岡に準備に来ています。
                私はもうシンガポールから帰ってきたので、直接お手伝いをすることはできないのですが、とても面白そうなので便乗して運転手として鶴岡まで来ちゃいました。


                鶴岡もやっぱり素晴らしい自然があり、心地よいところです。


                昨日は「よみがえりのレシピ」の監督さんと制作委員長の方とランチを食べ、いろいろお話を伺いました。


                その後、焼き畑でカブを作ってらっしゃる農家さんのところに連れて行っていただき、実際に焼き畑を見せていただき、お話を伺いました。


                 焼き畑かぶ

                とても印象に残っているのは、農家のおばあちゃんの言葉です。

                「お金のためじゃこんなことできないよ、こうやって山で身体を動かしてカブを作るのが楽しいの」

                とっても素敵なおばあちゃんです。
                77歳とのことですが、斜面をものともせずに作業をこなしていきます。

                カブの葉をお土産にいただいてしまいました。

                 

                ここに来て思うのは、なんとなく能登に風景が似ていて妙に落ち着きます。
                能登に負けないくらい自然が豊かで人も優しい。

                鶴岡はとっても素敵なところです。

                能登も負けとられんな。

                人気ブログランキングへ Twitterボタン
                Twitterブログパーツ

                能登はすごい!!

                0
                  シンガポールからの荷物も届き、能登での生活もやっと落ち着いてきました。
                  帰って来て3週間で、つくづく感じるのは、能登は豊かなところだなぁということです。

                  スーパーに行けば、朝採れの地物の魚が並んでいて、どれもおいしい。
                  めかぶもそのまま売ってます!!

                  野菜売り場にも地物の野菜がいっぱい並んでいます。
                  のと115というでっかい椎茸や、五郎島金時やら加賀太キュウリやら小坂レンコンやら、面白い野菜がいっぱい並んでいます。

                  さらに、山菜まで並んでます。
                  こごみ、わらび、行者にんにく、たらの芽、こしあぶらなどなど
                  最近は、ふきも出始めましたね。

                  スーパーの中をブラブラしてるだけで楽しいです。

                  しかも、道を歩いているだけで、つくし、ふきのとう、よもぎ、オオバコなど食べられる草がいっぱい生えています。

                  シンガポールは食材のほとんどを輸入に頼っているので、なかなかこんなに新鮮な食材を簡単に手に入れることはできません。

                  能登って豊かだなぁとつくづく思うのですが、ずっとここに住んでいたらきっとそんなことにも気付かずに生きていたのではないかと思います。

                  美味しいものがいっぱいあるので、食べ過ぎに気をつけねば・・・
                  人気ブログランキングへ Twitterボタン
                  Twitterブログパーツ

                  歓迎会

                  0
                    先週の土曜日に自然栽培をしている方達に歓迎会をしていただきました。

                    私は、まだ農業も自然栽培も何もやったことはありません。
                    でも、少しでも自然栽培に関わることで、自然との関わりを通していろいろ多くのことを学べるのではないかと思います。

                    こんな、素人の私を受け入れてくださった方々には本当に感謝の気持ちで一杯です。
                    何にも知らないので、いろいろ教えていただくと思いますが、よろしくお願い申し上げます。

                    貴重な種も頂いたので、まずは畑を探さないと・・・
                    人気ブログランキングへ Twitterボタン
                    Twitterブログパーツ

                    めぐみ農場に行ってきました。

                    0
                      先週末に、めぐみ農場の菜の花祭りに行ってきました!

                      思っていた通り、とっても楽しいお祭りでした。

                      寝袋持参で、押しかけた私を泊めて頂いた農場の皆様、ありがとうございました。

                      自然栽培のトークセッション、癒手道、タマネギ収穫、キャンプファイヤー、降りてゆく生き方塾、フォークス オーバー ザ ナイブス試写会。

                      どれもが、楽しくて有意義なイベントでした。

                      それに、久しぶりに高校の先輩にあえたのも良かったです。

                      めぐみ農場で出会えた皆様、ありがとうございました。
                      人気ブログランキングへ Twitterボタン
                      Twitterブログパーツ

                      << | 3/10PAGES | >>